シロアリ、岐阜・三重・愛知を中心に害虫予防や駆除、防水工事などのリフォームで住宅をお守りします

 
シロアリの群飛開始(岐阜市)

シロアリの群飛開始(岐阜市)

みんさんこんにちわ
昨日岐阜地方は本格的にシロアリの郡飛活動が行われたようです。当社のホームページでも紹介していますが、シロアリは普段ヒッソリと暮らしています。しかしながらこの時期人の目の付く場所に飛び出す行動をするんですね…これは一体どう言った事なのか?皆さんにも勉強して頂けたらと思います。
まずは撮影しました画像をご覧下さい。

1

上の画像をご覧になると何だか黒い物がワシャーって確認できますよね…これは全部シロアリの翅アリです。一般に昆虫等がこうして多数群れて飛ぶ事を郡飛(=グンビ)って言います。岐阜地方では4月下旬~5月頃雨が上がった湿気を感じる頃活動を開始…シロアリの社会は一つの家族(巣)に卵を産む個体が1匹だけしか存在してはいけない社会になっています。しかしながらある程度巣が大きくなると新しい生殖虫が出現してしまいます。その為こうして外に飛び出し新しい巣を形成する訳です(*結果翅アリを見かけたらその近くに「大きな家族のシロアリが存在する」と言う証になります)

2

郡飛の一部を拡大してみました。シロアリの体色は名前の通り白色ですがこの翅アリだけが黒色になります(*不思議…)今までに何度か観察しましたが立派な翅を持っている割にはあまり飛ぶ事が得意ではなさそうです。又群飛後は直ちに翅を落としパートナーを求めて盛んに歩き回ります。

3

雌は尾端(*人で言うとお尻)を少し上げ、そこから雄を誘引するフェロモンを分泌します。雄はこの雌のフェロモンに導かれて行くんですね。ここでカップルが成立しうまく巣が形成されれば新しい女王・王の誕生です。更に家族を増やして行く事でしょう。最初の働きアリが育つまでこのお二人が育てて行くことになります。今回沢山の翅アリを画像でご紹介しましたが、この中で新しい巣を形成できるのはほんの一部です。昆虫類や鳥類の餌食対象にされる為に生き残る確立は非常に低いと言われています。少しの間シロアリ特集で掲載したいと思いますので又是非訪問してください。
本日も最後まで読んで頂き本当に有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ

Address

岐阜県岐阜市蔵前7-10-4

Phone

058-259-3123