シロアリ、岐阜・三重・愛知を中心に害虫予防や駆除、防水工事などのリフォームで住宅をお守りします

 
化学物質過敏症

化学物質過敏症

みなさんこんにちわ
タイトルにあります「化学物質過敏症」一度は耳にされた事があるでしょうか。。。
先日名古屋でセミナーがありました。今日はこの化学物質過敏症についてご紹介したいと思います。
随分前になりますが、化学物質過敏症のご家族の方の特集をテレビで拝見した事があります。内容は、新築の家を購入されてから奥様やお子さんのご気分が非常に悪く、お子さんは時折学校にいけず、又奥様は家事をする事もできないくらい。
結果、ご主人以外のご家族は家を出られ、山深い所にあるアパートへ引っ越す事になります。ご家族は「やっと楽になれる」と胸膨らませて到着しました。しかしながらお部屋に入ってがっかり。。。奥様はそのお部屋に入ったとたんに・・・
「以前お住まいされていた方の化粧台がここに置いてあったはず。ここです。私には判ります。」と壁を指さしておられました。
現在その化粧台はありません。しかし以前置いてあった化粧台のせいで引っ越されたアパートでも安住の地となりませんでした。
アパートのすぐ前には滝が流れています。気分が悪くなるとお子さん2人を連れて滝の前で座って時間を過ごす。そんな様子が映されてました。
この化学物質過敏症とは一体何なのでしょうか?少しまとめてみました。
以前に高濃度の化学物質を浴び、後に非常に微量の薬物や化学物質の摂取によって頭痛・倦怠感・吐き気等の健康被害が引き起こされる症状の事を言います。人体の薬物や化学物質に対する許容量を一定量以上を超えると引き起こされるとされていて、個人差が大きい。化学物質の摂取許容量と同様に、発症原因および症状・進行・回復速度や度合いも多種多様。
講演の先生はおっしゃっておられました。
患者さんの多くは「思い込み」がエスカレートして症状が出る場合があると言うのです。・・・私は思い出した事がありました。
実は以前に「ダニ」のご相談がありました。その娘さんは1Fのお部屋にダニがいるからと下へいらっしゃれないと言うのです。娘さんの腕には確かにダニに刺された跡らしき発疹もあります。お部屋はとても奇麗に清掃されております。
原因を調査しましたが、ダニの生息が確認できなかった事を振り返りました。
セミナーを終えて・・・過敏症は勿論「思い込み」ばかりではありませんが、そうした現実も実際あります。症状が出た際には専門業者に調査を依頼して、症状にあった病院に行かれて、それでも改善されないようであれば是非精神科に行って下さい。精神科=おかしい人みたいなイメージを持っておられる方もおられるか判りませんが、そんな事はありません。心のケアはとても重要です。
ストレス社会の現代病なのかもしれませんね。
本日も最後まで読んで頂き本当に有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ

Address

岐阜県岐阜市蔵前7-10-4

Phone

058-259-3123