シロアリ、岐阜・三重・愛知を中心に害虫予防や駆除、防水工事などのリフォームで住宅をお守りします

 
ミカドドロバチ

ミカドドロバチ

みなさんこんにちわ
先日ラジオでフグを食べられた方数名が中毒症状になったと報道されていました。毎年そんな事故がありますね。フグ毒は「テトロドトキシン」と言われる物質で、これが体内に入ると所謂「麻痺」の症状が現れます。又シアン化カリウム(=青酸カリ)の850倍の毒性があり、加熱しても分解されず解毒方法は今の所ないそうです。是非適切に調理して頂いた上で食べて下さい。さて今日はタイトルにあります「ミカドドロバチ」をご紹介します。
まずは撮影しました画像をご覧下さい ↓

2122

黒×黄色がとても鮮やかですね・・・

ミカドドロバチは昆虫網・ハチ目・ドロバチ科に属しています。画像の固体は約11㎜。黄色部分(=斑紋)は個体によって変化があるようです。母蜂はイネ科植物を噛み砕き竹筒や樹の穴等にいくつかお部屋を造作します。そのお部屋にハマキガ・メイガ類の幼虫運び卵を産みつけ、運ばれた幼虫はドロバチ幼虫の餌となるわけです。自然の仕組みは不思議が沢山ですね。
本日も最後まで読んで頂き本当に有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ

Address

岐阜県岐阜市蔵前7-10-4

Phone

058-259-3123