シロアリ、岐阜・三重・愛知を中心に害虫予防や駆除、防水工事などのリフォームで住宅をお守りします

 
サトクダマキモドキ

サトクダマキモドキ

みなさんこんにちわ
お盆休みも終わり16日からトライムは通常営業です…私は長期休暇を利用して温泉に行き大衆演劇を見たり、普段逢わない知人に会ったりと充実した時間でした。しかしながらその中で何度か「イラ!}っとした出来事があります。それは若い人の態度です。先日得意先のイベントの手伝いがありました。その後ある方が個人的にお寿司を食べに行こうと声をかけて下さったのですが、誘われた男性は「何処に行くんですか?」と尋ねた後、優柔不断な態度。私は行くのか行かないのかはっきり意思表示しない彼に「どうするの?」と聞くと「いやー、あのー、帰ります」結局彼は来なかったのですがどうしてそんな対応なのか理解できないです。行きたくない若しくは約束があるなら「ごめんなさい用事があるので」とはっきり断ればいい。「何処に?」と質問した後に考えているような態度をみると相手はしらけてしまうものです。誘ってくれた彼は自分がそれを食べたかったら一人でもそこへ足を運ぶでしょう…敢えて私達に声をかけているのは気遣って下さっているのです。きっとそれが理解できていないのですね。実は先日私もそんな目に遭いました。食事に誘ったのですが「何処に行くんだ」・「誰がくるんだ」と聞いておいて「嫁が、子供が…」と煮え切らない態度で断ってきました。そうした返事ばかりだと「アイツの嫁はやかましいからね」ってレッテルが原因で皆から誘われなくなってしまいますよ。もしそうなりたくないのであれば、優柔不断な態度は絶対に辞めた方がいい。付き合いたい相手なら予定がないのなら多少の無理をしてでもでも付き合った方がいい。何より声をかけている方の気持ちを少し理解した方がいいと感じた1日でした。さて今日はタイトルにあります「サトクダマキモドキ」をご紹介します。
まずは撮影しました画像をご覧ください ↓

35

葉っぱみたいな翅がステキです…

36

サトクダマキモドキは昆虫鋼・バッタ目・キリギリス科に属しています。画像の個体は体長約50㎜。色んな植物の葉を食べて生活しています。平地から山地まで広くみられる大型のツユムシの一種。一見クツワムシに似ていますが似ているはずです…「クダマキ」とはクツワムシの事なんですね。クダマキに似ているからクダマキモドキと名づけられたとか。。。バッタ目は2つに大きく分かれます。一つはキリギリス亜目、もう一つはバッタ亜目です。簡単にこの分類を見分けたいのであれば触覚が長い若しくは短いと言った外見で判明できます。もう少しマニアックな事を書きますとキリギリス亜目はオスの前翅にやすりのような発音器官と共鳴室を備え、前翅をこすり合わせ鳴く種類が多いです。一方バッタ亜目にも一部鳴く種類が存在しますが、これらは前翅と後脚、若しくは前翅と後翅をこすり合わせて音を発します。その仕組みが異なるんですね。
本日も最後まで読んで頂き本当に有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ

Address

岐阜県岐阜市蔵前7-10-4

Phone

058-259-3123