シロアリ、岐阜・三重・愛知を中心に害虫予防や駆除、防水工事などのリフォームで住宅をお守りします

 
鉄筋コンクリート

鉄筋コンクリート

みなさんこんにちわ
先日鉄筋コンクリート造の現場でシロアリ調査のご依頼がありました。一般に鉄筋コンクリートの住宅とシロアリは無関係な事柄に感じますがそうではありません。まずは撮影しました画像をご覧下さい ↓
この床下の写真は鉄筋コンクリート造であることが判ります。何故なら壁面の材木がボルトで留められていますね。このボルトはアンカーボルトと言って、建物を施工する際に土台の材木と基礎とを緊結するために重要な役割をする部品です。そして前回からブログで紹介している「蟻道」があがっている事が判ります。

23

何故だか判りませんがこのお宅の蟻道は太くそして沢山でした・・・

24

熱材に黒いラインの様なものが見られますね・・・これは間違いなくシロアリの食痕です。

25

配管上を長くそして太く蟻道が造られていました・・・

26

(上記4枚の写真は全て同一現場です。)シロアリはコンクリートの小さな割れを見つけると移動できるよう、コンクリート粒子を顎で崩し道を造ります。小さな生き物ですが凄い力ですね。彼?彼女?の目的は勿論建物に使用されている木材や断熱材です。住宅の構造や換気等を理由に「シロアリの侵入はない」と言い切るメーカーさんが多くありますが、私はそう思いません。家を建築するには、シロアリ対策は絶対に必要ですし完全な侵入防止対策はないと考えています。
本日も最後まで読んで頂き本当に有難うございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ

Address

岐阜県岐阜市蔵前7-10-4

Phone

058-259-3123