シロアリ、岐阜・三重・愛知を中心に害虫予防や駆除、防水工事などのリフォームで住宅をお守りします

 
共食い行動

共食い行動

みなさんこんにちわ
先日私の兄が魚釣りへ・・・鯛を5匹イサキを1匹と大漁だったようで昨夜・一昨日と刺身・煮魚・お刺身と豪華な夕食を頂きました。私も年に数回釣りに出かけますが、ほとんど収穫はなく飲んで会話して帰ってくる事がほとんどです・・・今年は真剣に取り組んでみたいと思いました。さて今日はタイトルにあります「共食い行動」のお話をご紹介します。
自然界で「共食い」と言う事柄は動物や昆虫等広い範囲で見られる行動の一つです。昨日出勤してすぐに日課にしている「シロアリの観察」をしてみると頭部がなくなっている個体が存在していました・・・。
まずは撮影しました画像をご覧下さい ↓

7

・・・え??

8

・・・観察時、入れ替わり立ち代り頭部のないシロアリを食べている様子でした。

9

一般には異種生物同士が「食う」又は「食われる」と行った関係で食物連鎖され生物の個体同士が利用しあっており又生態系のバランスが保たれています。こうした視点から見れば納得ですが、同じ種同士の姿を見ると何だか残酷な気がしますね。しかしながら共食い行動はとても重要だと言われています。一つに自分に必要な絶好の栄養源。もう一つに生活密度の維持があげられます。シロアリの共食いはシロアリ自身カビ等に弱くとてもデリケートです。ですから自分の仲間が死んでしまってずっとそこにあるとそれが自分達の生命を脅かす物になってしまうからではないかと思いました・・・又こうした習性を利用した薬品が多く開発されています。
本日も最後まで読んで頂き本当に有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ

Address

岐阜県岐阜市蔵前7-10-4

Phone

058-259-3123